03
省エネ

建物の断熱とは?

建物の断熱とは、外の気温を室内に伝わりにくくすることです。
熱伝導率の低い断熱素材を壁や屋根などに隙間なく施工して気密性を保つことにより、
外の暑さや寒さを遮ることができ、「夏涼しく、冬暖かい」住宅をつくることができます。
断熱効率を高めることは、建物内外の温度差から生じる結露の防止にもつながります。

建物の断熱

換気の大切さ

住宅の気密・断熱性が良くなり、住まいの快適性が向上しました。
効果的な室温調整や、除湿やカビの発生を抑えるためには、換気が必要です。
効率良く換気をするためには、給気から排気までの空気の流れを考えて
換気計画を立てることが大切です。
また、2003年よりシックハウス対策として建築基準法が改正され、
新たに住宅を建設する際には24時間換気システムの設置が義務付けられました。
自然換気だけでなく、機械換気の設置が必要となっています。

自然換気

風や室内外の温度差などによる自然現象によって行う換気です。
窓の位置を工夫することで換気の効率を上げることができます。
ただし、自然換気では季節や天候等に左右されるため、換気量が調整しにくいといえます。
窓やドアの側など、空気の流れを妨げる場所には物を置かないようにし、
空気の流れを良くすることが必要です。

自然換気

機械換気

送風機や排風機といった換気ファンで強制的に換気する方法です。
機械で換気量を調整でき、確実に換気することができます。

機械換気

パッシブ設計とは?

「パッシブ(passive)」とは受動的という意味です。
パッシブ設計とは、自然エネルギーを受動的に利用し、
室内環境を快適にする技術や仕組みです。
自然光や風を活用して夏は涼しく、冬は暖かい室内環境を実現できるので、
電気やガスなどの依存率が減少し、環境に負荷をかけずエコにもつながります。

パッシブ設計(夏)

パッシブ設計(夏)

パッシブ設計(冬)

パッシブ設計(冬)
PAGETOP