資料請求はコチラから
資料請求はコチラから
資料請求はコチラから

spend with green

~「樹」と暮らす家 ~

~ 美しい人になる・「樹」と暮らす家 ~

scroll

樹

窓の外にふと目をやると、そこに美しい緑の葉があってなんだか心が癒された。飾り気のないアパートに、いただきものの観葉植物を置いてみると、いつもの部屋が少し違って見えた。植物はこんなふうに、慌ただしい日常に彩りと潤いを備えてくれます。
広大な敷地に庭を要さなくても、ほんの小さな庭に一本のシンボルツリーがあるだけで、住まいにもたらされる植物の効果は絶大。窓から吹き抜けていく心地よい風、ときどきやってくる鳥や虫の気配から私たちは十分に四季を感じとることができます。

日々、植物の世話を楽しみにする家族の姿が見られるのも、暮らしの中にある特別な瞬間。住まいと自然とのつながりが、家族に癒しと安らぎの時間をもたらします。
ささやかな幸せが感じられる、心地のよい住まいづくり。これからの10年、20年を自分らしくデザインしていきたい。家元の家には「樹」とともに暮らすためのアイデアがつまっています。

ポイント1

「樹」と暮らすことで得られる効果

  • 植物には、眺めることで心身を癒す「グリーンセラピー」の効果が。
    緑を眺めることで、気持ちがやすらぎます。
  • 「エコ・プラント」観葉植物には空気を浄化する効果があり、室内の空気をクリーンに保ちます。
  • 植物のお世話をすることは、集中力を高めてストレスを軽減する「マインドフルネス」の効果が期待できます。
ポイント2

「樹」と暮らすうえで大切にすること、気を付けたいこと

【環境の作り方】
日光を好む植物は日当たりの良い場所に置くなど、環境選びが重要。水やりの加減や風通しの良さも配慮しましょう。
【過ごし方、関わり方】
室内で育てる植物は、少し高さを変えるだけでも印象が変わります。葉や幹の成長を、いろんな角度から楽しめます。

Case study

シンボルツリーを中心とした、平屋のような一体感。暮らしを育てる新しいライフスタイル。

シンプルな部屋数と坪数の中で実現したのは、まるで屋外のような、心地よい開放感。建物の中心にシンボルツリーを配置し、螺旋状のように設計しました。 玄関ホール・LDK・2階フロアは、同一空間でありながらも高さを変えることで、様々な目線から「樹」との暮らしを楽しめます。寝室・水回りはあえて奥まった配置に。「樹」を引き立たせたシンプルな器でありながら、素材・形状にこだわり建築物の美しさを追及した家元の新たなコンセプトハウスです。

Point

平屋のように過ごす、一体感のあるひとつながりの空間
玄関、LDK、そして、吹き抜けの先のフリースペースと一連で繋がる気持ちの良い一体空間。
寝室・水回りは奥まった配置となっています。平屋のようにワンフロアで生活しながら、用途や暮らしに合わせて2階をお使いいただけます。
Point1 イメージ
大きな窓から降り注ぐ光とシンボルツリーが暮らしを彩る
玄関ホールの窓から光が差し込むリビングの一角には、緑陰の美しい『フィカスジャンボリーフ』の木。
床には、木のお手入れがしやすいように水捌けと質感の良いフロアタイルを採用。シンボルツリーを中心に、空間によって高さを変えることで、様々な角度からお楽しみいただけます。
Point2 イメージ
家族の暮らしの変化に合わせフレキシブルに使えるフリースペース
吹き抜けの先にある開放的なフリースペース。
そのまま趣味を楽しむスペースとして部屋を仕切り子供部屋として、さまざまな用途を考慮しながら設計しました。造作のベンチからはシンボルツリーを眺めることができます。
Point3 イメージ

Floorplan

1F

2F

詳細 イメージ
所在地
金沢市入江3丁目153番21
土地面積
175.18㎡(52.99坪)
用途地域
第二種住居地域
建ぺい率
60%
容積率
200%
取引態様
売主
電気
北陸電力
水道
公営水道
排水
公共下水道

Reservation

家元で、理想の住まいを創造してみませんか?あなたらしい家づくりを、私たちがお手伝いいたします。
下記フォーム、またはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

お名前
フリガナ
電話番号
E-mail
ご来場時間
その他
プライバシーポリシーについて同意した上でお進みください。

Line up

spend with

spend withとは、英語で“ 一緒に過ごす ”という意味。
あなたらしくいられるように、あなたは「    」と一緒に過ごしますか?

Instagram

その他の家元の施工事例、内覧会情報などを日々更新しております。ぜひフォローしてご確認ください。

  • @iemoto_kanazawa_toyama
  • @iemoto_kanazawa_toyama
  • @iemoto_kanazawa_toyama
  • @iemoto_kanazawa_toyama
  • @iemoto_kanazawa_toyama
  • @iemoto_kanazawa_toyama
  • @iemoto_kanazawa_toyama
  • @iemoto_kanazawa_toyama
  • @iemoto_kanazawa_toyama
  • @iemoto_kanazawa_toyama
  • @iemoto_kanazawa_toyama
  • @iemoto_kanazawa_toyama
pagetop